Tenderness

Tenderness(優しさ)

猫や犬などの家族がいると普通に話しかけるでしょ。こっちは人間語で向こうは猫語。分かるはずも無いような気がするでしょう、家に犬や猫がいない人には。それが分かるようになっちゃうんですよね~。簡単なことで言うと「ごはんだよ!」と言えばどこにいてもキッチンにやってきます。「詰め切るよ」と言えば隠れます。こちらも二人の「ごはん!のニャー」「甘えたい!のニャー」「寝よう。のニャー」くらいは、すぐ分かります。もちろん声だけでは難しい場合は、目やシッポを見たりその場の状況で判断をします。きっとナラもシンバもそうしてるんでしょう。お互い言葉が違うのでなんとか努力して通じ合えるようにしているのです。

人に対して「まったく、言いたいことがあったら口で言ってくれないと分かんないよ!」と言ったり、思ったりした事はありませんか?俺はもちろんあります。今から思えばその人を理解しようとする優しさが足りなかったのかなあと思ったりもします。勿論、言葉で伝えてくれるのが分かりやすいんだけど、人によって言いずらいとか恥かしいとか色々あるでしょ。

そうは言っても相手を100%理解するなんて無理。俺が言いたいのは、相手に対する優しさをもてば、少しでも多くの理解が得られるんじゃないかなあ。という事です。

そして今日も家では猫語と人間語での会話が飛び交っています!楽しいですよ。

share

「猫に学ぶ」とうコラムです。2回目の今回は「分け合う」です。

ナラとシンバには、毎回2人に同じ量のご飯(ドライフード)をあげます。この2人は少し変わっています。シンバが先に食べ終わりナラがまだ食べてたとします。それでもシンバがもう少し食べたい時はナラのを食べようとします。普通はそこで「とるんじゃねー!」と怒るでしょ?でもナラは怒らず自分の残りを2人で仲良く食べます。シンバがボスだからという訳ではありません。なぜなら逆のパターンもあるからです。「そんなにお腹空いてるんなら、残りの私の(僕の)分、を一緒に食べよう」という感じです。なんでしょうかこれは。教えたわけでもないのに。

2011 3月に起きた大地震の後、東京やその周辺では大変なことがおきました。お店から物が消えました。トイレットペーパーやカップメンやお米や電池や何から何まで。ちなみにうちは、のり子さんと2人でみっともないからああいうのはやめようと言って買い込みは一切しませんでした。うちは基本的にあわてません。買占めをする人達に見かねた政府やマスコミが「買い占めはやめましょう。他人を思いやりましょう」とか言い出しましたよね。小学生の道徳の授業か。

勉強ができても会社で偉くても、そんな事が分からないなんて笑ってしまいます。シンバとナラの足元にも及ばないよ。

分け合う気持ちを大切に。 By Simba & Nala

Easy

ここでは「猫に学ぶ」とうコラムを書いていきます。

まずはサイトのタイトルにもある Take It Easy

一番にこれを思うかもしれません。人は何か上手くいかない時や時間に追われてる時などイライラしがちです。そんな時、のほほんな2人を見ると「まあまあ、のんびりやりなよ」と無言で言われます。人は俺を含めてみんな欲の塊です。あれがしたい、これが欲しい、ああなりたいと。地位や名誉やいい車や家を手にする為に仕事を頑張ります。悪くはありません。でも時に頑張りすぎて友達や家族をほったらかしにします。遊びに行きリフレッシュする事も忘れてしまいます。しまいには追いつめられて自ら命を落とす人もいます。。自分の人生が楽しくなるように頑張っていたはずなのに、これでは本末転倒です。悲しいし、とても残念です。猫に限らず自殺する動物なんて人間以外に思い当たりません。

自分の必要な分だけを手に入れる。必要以上に欲張らない。そうすれば時間と心に余裕が出来ると思う。物質だけの幸せや他人と比較しての幸せなんて安っぽい。シンバとナラは貯金なんてないし誰かと比べて自分が幸せかどうかを計ったりしない。でも寝顔をみてる限り、毎日幸せそうです。

欲があるのが悪いとは思わない。むしろないと進歩しないのでないとだめだと思う。だけど欲張り過ぎはは良くない。のんびり行こうよ。

Take IT Easy